NY金(23日):週間ベースで高い、米利上げ見送りで息吹き返す

23日のニューヨーク金相場は週間ベースで上昇し、7月以来の大幅高。米連邦公開市場委員会(FOMC)が今週、政策金利を据え置いた上で長期の金利予測を引き下げたことから、金に買いが集まった。ブルームバーグがまとめたデータによれば、金連動型上場投資信託(ETF)を通じた保有高は今週、6.3トンの純増だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。