米連邦準備制度理事会(FRB)は23日、銀行の商品投資に対する規制案を発表した。この規制が導入されればゴールドマン・サックス・グループやモルガン・スタンレーなどは、これまで享受してきた商品投資のうまみが薄れかねない。

  長らく発表が待たれていた規制案は、商品現物投資に対して銀行に確保を義務づける資本の基準を大幅に引き上げるほか、発電所の所有を制限し、トレーディング高に上限を設ける内容。銀行と商品現物との関係を断ち切る権限がないFRBは、多額の資本上積みを求めることで制御しようとしている。特別な法的措置として商品現物取引を認められているゴールドマンとモルガン・スタンレーにとって、規制は厳しい内容となる。

  FRB当局者の推計では、金融機関の現在の活動に対しこの規制で加わる追加の資本負担は約40億ドル(約4040億円)。

原題:Fed Proposes Aggressive Rule on Wall Street Commodity Holdings(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE