23日の香港市場で、中国本土株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数が下落。週間ベースの上げを縮めた。銀行株や証券銘柄が軟調。

  H株指数は前日比1%安の9796.01で終了。週間上昇率は2.1%に縮小した。中国工商銀行(1398 HK)と中国銀河証券(6881 HK)の下げが目立った。

  一方、ゴールドマン・サックス・グループが投資判断を「買い」に引き上げたチャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK)は1カ月ぶりの大幅高。原油相場が1バレル=45ドルを上回って推移したことから、中国石油化工(SINOPEC、386 HK)も高く、週間ベースで2カ月ぶりの大きな上げとなった。

  ハンセン指数は前日比0.3%安。週間上昇率は1.5%。本土市場の上海総合指数は前日比0.3%安の3033.90で引けた。

原題:China H Shares Pare Weekly Gain as Banks Drop; Oil Stocks Climb (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE