人民元の借入金利の急上昇、本土に飛び火-上海で7カ月ぶり高水準

オフショア市場での人民元借り入れコストの急上昇が、中国本土市場に広がりつつある。上海銀行間取引金利(SHIBOR)が22日、約7カ月ぶりの高水準に達した。中国当局がレバレッジ低減と元相場の安定維持を図っているとの観測が金利を押し上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。