電通:デジタル広告で不適切処理、111社対象に2.3億円規模

  • 未掲出、虚偽報告、過剰請求など633件
  • 「個人というより経営の問題」と反省-中本副社長

国内広告最大手の電通は、国内のウェブサイト向けなどのデジタル広告で、未掲出にもかかわらず代金を請求するなど不適切な処理が行われていたことを明らかにした。対象額は約2億3000万円に上る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。