米銀注目の将来のストレステスト、タルーロFRB理事が講演で示唆か

  • タルーロ理事は26日に「次のステップ」と題して講演
  • 資本基準厳格化に備える大手銀、必要な追加資本の情報を待ち望む

ウォール街の金融機関は米連邦準備制度理事会(FRB)が年次ストレステスト(健全性審査)を通じてどう資本要件を引き上げるかを知りたがっている。FRBは22日、銀行監督業務を統括するタルーロ理事が近くこれをテーマに講演することを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。