ドルは100円後半、米利上げ鈍化や日銀緩和後退観測で上値重い

更新日時
  • 米株高が続いている割に「円売り感応度」が鈍い-IG証
  • 「少しレンジを切り下げるイメージ」-大和証

23日の東京外国為替市場ではドル・円相場が1ドル=100円台後半を中心に推移。米利上げペースの減速見通しや日本銀行の緩和姿勢の後退観測が重しとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。