メキシコ富豪サリナス氏が上位400位の圏外に、ペソ下落で-チャート

  メキシコの資産家リカルド・サリナス氏の資産評価額が今年に入って急激に減少している。メキシコ通貨ペソの下落や同氏が保有する家電小売店チェーン、グルポ・エレクトラの株価下落と、メディア企業TVアステカの株価上昇の終了という「パーフェクトストーム」が要因だ。世界の富豪のうち、同氏のドル建て資産評価額は今年、中南米で最も大幅に減少。2012年に世界65位の富豪だったサリナス氏は現在、ブルームバーグ・ビリオネア指数の上位400位の圏外となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。