中国の富豪、着々と野望実現へ-ソニー映画部門と大連万達が提携

中国の資産家、王健林氏が率いる大連万達集団は、ソニーの映画部門ソニー・ピクチャーズと映画プロジェクトに協力して取り組むことで合意した。ハリウッドでの事業拡大の野望を掲げる王氏が、その実現に向けて戦略を一歩推し進めた。

  大連万達が23日発表した資料によると、同社は提携の一環としてソニー・ピクチャーズによる製作に資金を投じる。万達は代わりに、自社が投資する映画の中で「中国の要素を強調させる」という。

  万達は世界で最も多くの映画スクリーンを運営。同社は今年に入って独立系の米映画製作会社レジェンダリー・エンターテインメントを35億ドル(現在の為替レートで約3540億円)で買収した。また万達傘下の米映画館チェーン、AMCエンターテインメント・ホールディングスは同業の米カーマイク・シネマズの買収で合意。統合すれば米最大の映画館チェーンが誕生することになる。

  一方、ソニー・ピクチャーズは万達と組むことで、制約のある中国映画市場へのアクセス拡大につながる可能性がある。

原題:Billionaire Wang’s Wanda Agrees to Invest in Sony Movies (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE