米原油・石油製品輸出が過去最高に、算定方法変更で-チャート

  米国の原油と石油製品の輸出が先週、36%増加し日量574万バレルとなった。米政府の輸出量算定の変更などが要因。米エネルギー情報局(EIA)は、月間調査報告に基づく推計ではなくリアルタイムに近いデータを採用しているため、前週比のデータの変化が大きくなった。S&Pグローバル・プラッツ・ベンテック(デンバー)のシニアアナリスト、ケンダル・ピュイグ氏は、プロパン輸出だけで日量65万1000バレル増え107万5000バレルとなったが、全体としては「かなり持続不可能のようだ。明らかにタイミングの問題だ」と指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。