日本株は反落、米FOMC後の円高警戒-金融や不動産、自動車下げる

更新日時
  • 22日に一時1ドル=100円10銭、1カ月ぶりの円高水準に
  • 新たな日銀の政策フレームワークには安心感、下げ限定

23日の東京株式相場は反落。米国の利上げ見送りを材料に為替がドル安・円高方向に振れたことが警戒され、直近で大幅高した反動売りも出た。証券や保険、銀行など金融株、ドイツ証券が大手各社の目標株価を下げた不動産株が売られ、自動車株も安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。