米CBOEがBATS買収で交渉、数週間以内に公表も-関係者

更新日時
  • BATS株は22日の時間外取引で24%急伸
  • CBOEはBATS買収でオプションや先物を超えた分野に進出へ

シカゴ・オプション取引所 (CBOE)を運営するCBOEホールディングスはBATSグローバル・マーケッツの買収交渉を行っている。事情に詳しい関係者が明らかにした。取引所を運営するBATSは4月に上場したばかり。

CBOEのロゴ(イリノイ州シカゴ)

Photographer: Tim Boyle/Bloomberg

  同関係者は合意が数週間以内に公表される可能性があるが、最終的な決定は下されておらず、交渉がなお決裂するかもしいれないと述べた。交渉が非公開であることを理由に匿名を条件に語った。BATSの広報担当はコメントを控えた。CBOEの担当者に取材を試みたが、現時点で返答は得られていない。

  BATSは、自社ソフトウエアの不具合で最初の新規株式公開(IPO)の試みが失敗に終わって以来4年越しで株公開を成し遂げ、4月に上場した。株価は上場後40%上昇し、時価総額は約26億ドル(約2600億円)。CBOEが運営する市場のうち最大のシカゴ・オプション取引所は、米国のオプション取引所で最大規模。CBOEの時価総額は約56億ドル。

  ニューヨーク時間午後6時48分(日本時間23日午前7時48分)現在、BATSの株価は24%高の33ドル。

  BATS買収によりCBOEは、収益性が高いもののBATSの事業分野に比べてニッチビジネスであるオプションや関連する先物を超えた分野に進出できる。BATSは米国株取引量で2位、欧州株取引量では首位で、昨年、為替ビジネスにも参入している。
  
原題:CBOE Said in Talks to Buy Exchange Operator Bats Global (2)(抜粋)

(株価の反応などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE