サウジとイランが連日協議、来週の産油国会議に備え-関係者

  • 異例の非公式協議は合意にはまだ達していない-関係者
  • OPECとロシアのエネルギー相は来週アルジェで非公式会議

石油輸出国機構(OPEC)加盟国のサウジアラビアとイランは22日、アルジェで来週開催の産油国会議に備えるためウィーンで前日に続いて協議した。

  協議について説明を受けた関係者2人によると、両国は来週アルジェで開かれるOPECとロシアのエネルギー相による非公式会議に向けてウィーンのOPEC本部で会合を持った。関係者1人が匿名を条件に語ったところでは、両国はまだ合意に達していない。

  OPECの主要メンバーであり地域的なライバルでもある両国が異例の非公式協議を行ったのは、アルジェで意味のある合意をまとめるための外交努力がなお進行中であることを示す。原油相場は今月、供給を抑制する本格的なコミットメントは出てこないとの観測から軟調に推移しており、ブルームバーグが今週調査したアナリスト23人のうち2人以外は、合意が来週成立しないと予想した。

原題:Saudis, Iran Said to Meet Again for Oil Talks, No Agreement Yet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE