米所得の伸びが住宅価値の上昇ペース上回る、2011年以来初-ジロウ

不動産ウェブサイトのジロウが発表したリポートによれば、米国民の所得の伸びが2011年以降で初めて住宅価値を上回っている。同リポートでは年初来の住宅価値の上昇ペースは年率5%。これに対して2015年の一般世帯と単身世帯の所得の伸びはそれぞれ5.3%と5.4%だった。

  ジロウのチーフエコノミスト、スベンジャ・グデル氏は「しばらく見なかった所得の伸びがようやく見えた」と述べ上で、住宅価値の5%上昇は「回復局面の初期から見れば減速している」と続けた。さらに同氏は「近く米金融政策当局は利上げするだろう。そうなれば高級不動産市場は影響を受けるだろう」と述べた。

原題:For the First Time in Years, Incomes Are Rising Faster Than Home Values(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE