米所得の伸びが住宅価値の上昇ペース上回る、2011年以来初-ジロウ

不動産ウェブサイトのジロウが発表したリポートによれば、米国民の所得の伸びが2011年以降で初めて住宅価値を上回っている。同リポートでは年初来の住宅価値の上昇ペースは年率5%。これに対して2015年の一般世帯と単身世帯の所得の伸びはそれぞれ5.3%と5.4%だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。