欧州株(22日):ストックス600続伸、ストラテジストが年末予想を上げ

  • 業種別指数全てが値上がり、FOMCを好感
  • ドイツのDAX指数は4日続伸

22日の欧州株式相場は続伸。ストラテジストが欧州株に対する見方を上方修正し、買い優勢となった。

  ブルームバーグがストックス欧州600指数の2016年末時点の予想をまとめ始めた昨年以降で初めて、ストラテジストらは予想を引き上げた。10人の予想平均によると、同指数は346に達する見通し。前月予想は334だった。この日のストックス600指数終値はこの水準付近にある。

  中銀の措置が景気を支え続けるとの安心感が、過去2週間にわたり売りを浴びていた欧州株の反発を支えている。日本銀行は21日に金融政策の焦点をマネーサプライ拡大から金利操作に転換し、米当局は同日に来年の利上げ回数の見通しを下方修正した。世界的な金融政策の支援継続は、経済指標が低調な欧州にとって好材料だ。

  ストックス600指数は前日比1.6%高の347.86で終了。週間ベースでは2カ月ぶり大幅高となる勢いだ。

  ソシエテ・ジェネラル(パリ)の欧州株式戦略部門の共同責任者を務めるシャルル・ドボワスゾン氏は、「状況は改善したがまだ素晴らしくない」とし、「中銀は引き続き市場へのショックを最小限にしようと努力している。景気の勢いはそこそこでデフレ懸念は後退し、財政政策を緩める兆しもややみられる。一部の懸念は後退しつつあるが、先行きへの不安がまだある」と語った。

  この日はストックス600指数の業種別指数全てが値上がりし、西欧の主要株価指数も軒並み上昇した。ユーロ圏の株価下落に備えたオプションの費用に連動するVストックス指数は14%低下し、2014年12月以来の低水準となった。

  鉱業株がここ2カ月余りで最大の上げを記録。英豪系のリオ・ティントとBHPビリトンの上げが目立った。原油高を背景に石油・ガス銘柄も買われた。ドイツのDAX指数は自動車株中心に上昇して4日続伸。この日は2.3%高と、域内で上昇率首位となった。ドイツ銀行は過去最安値付近から反発した。

原題:Strategists Warm Up to European Stocks Just as Rally Catches Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE