ブラックロックCEO:相場は15%下落も-財政政策なければ

更新日時

世界最大の資産運用会社、米ブラックロックのローレンス・フィンク最高経営責任者(CEO)は、各国政府が積極的な財政政策を講じなければ、相場は15%下落する可能性があるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。