米新規失業保険申請:予想下回る25.2万件に減少、継続受給者も減る

先週の米新規失業保険申請件数は前週比で減少した。雇用の伸びが減速するなかで労働市場が健全性を維持していることが示された。米労働省の発表によると、新規失業保険申請件数は前週比で8000件減少して25万2000件。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は26万1000件だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。