香港株(22日):上げ幅を縮小-中国本土の投資家が売りに転じる

22日の香港株式相場は上げ幅を縮小する展開となった。指標のハンセン指数は一時、2万4000の大台を突破したものの、中国本土の投資家が7週間ぶりに売り手に回った。金融銘柄が下げた一方、原油高を手掛かりにエネルギー銘柄が買われた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。