グロース氏:超長期債は再び人気に-日銀政策で値下がり限られる

日本銀行と米連邦公開市場委員会(FOMC)の決定からビル・グロース氏が受け取ったメッセージは、超長期債が再び人気を博すということだ。

  FOMCは21日に利上げを見送った。年内利上げの可能性を示唆した一方で、2017年以降の金利見通しは引き下げ、30年物米国債は値上がりした。日銀は「イールドカーブ・コントロール」を打ち出し、日本国債も超長期債が最も好パフォーマンスとなった。

  ジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンドを運用するグロース氏は、2大中銀の最新の決定は「デュレーション(平均回収期間)を伸ばせ」という明確なシグナルを送ったと指摘する。これは30年にわたる債券の強気相場で最良の戦略で、今年もそれは変わっていない。バンク・オブ・アメリカ(BofA)の指数によると、今年これまでの米30年債の投資リターンはプラス14.5%。

  グロース氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「債券が弱気相場入りする時期が遅れたことは確実だ」と述べた。日銀の方針は「米国債と英国債、ドイツ国債にソフトキャップとでも呼ぶべきものをかぶせる」、つまり値下がりは限られるということだと語った。「中銀とけんかすることはできない」と付け加えた。

  グロース氏は日銀の新政策により米10年債利回りは1.8-1.85%程度で「ソフトキャップ」がかぶせられるとみている。現在は約1.65%。

原題:Long Bonds Lead the Way as Gross Says Don’t Fight Central Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE