米金利据え置きに異例の3人反対、ボストン連銀総裁もハト派から一転

  • イエレン議長:お互いの意見を理解し合うことに大変苦慮した
  • 緩和策解除の正確なタイミングについて活発に議論-議長

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は政策当局者の見解の一致を維持しようと懸命に取り組んでいるが、21日の連邦公開市場委員会(FOMC)ではコンセンサスに強い緊張の兆しが見えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。