ブラジル株(21日):ボベスパ指数、3日続伸-素材株が上げ主導

21日のブラジル株式市場では指標のボベスパ指数が3営業日続伸。商品相場高を背景に鉄鉱石生産のヴァーレや鉄鋼メーカーのジェルダウなど素材メーカーの見通しが改善した。

  ボベスパ指数は前日比1.1%高の58393.92で取引を終えた。58銘柄中41銘柄が上伸した。ヴァーレは6.3%高と6月3日以来の大幅高、ジェルダウは5.7%高で終了。銀行のイタウ・ウニバンコ・ホールディングは1%高だった。

  ヴァーレが肥料部門の持ち分売却で合意したと、ブラジル紙グロボのコラムニストが報じたことも同社株の追い風になった。イタウ・ウニバンコは、同行が米シティグループのブラジル資産取得をめぐり独占的な協議を行っているとする事情に詳しい関係者の話を材料に上昇した。

原題:Ibovespa Rises as Vale, Gerdau Leads Rally in Materials Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE