NY金:上昇、日銀の政策シフトを好感-FOMCは金利据え置き

21日のニューヨーク金先物相場は続伸し、2週間ぶりの大幅高となった。日本銀行の金融政策シフトを受けて、同中銀が景気刺激策拡大の取り組みを続けるとの観測が強まった。米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利を据え置いたことから、金スポット相場は上げ幅を拡大した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。