米国株はバブルにあらず、値上がり余地-ゴールドマンのコーエン氏

ゴールドマン・サックス・グループのグローバル・マーケッツ・インスティテュートで社長を務めるアビー・ジョゼフ・コーエン氏は米国株は割高ではなく、まだ上昇する余地があると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。