日銀は短期決戦から撤退、名称変更のみで事実上テーパリングの見方も

  • 「政策の手詰まりをあらためて印象付ける」とシティ・村嶋氏
  • 市場はもともと緩和長期化を予想「実質的変化なし」と大和・野口氏

日本銀行はマネーの量を操作目標としてきた金融政策から、長短の金利差(イールドカーブ)を操作目標とする枠組み(イールドカーブ・コントロール)に転換した。枠組みの名称は変更したものの、これまでの短期決戦からの撤退であり、事実上のテーパリング(国債買い入れの縮小)との見方も出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。