代償は国債市場の無力化か、日銀単独でデフレに勝利できずとの声も

更新日時
  • 日銀は10年債利回りがゼロ%程度で推移するよう国債を購入
  • 資本主義の終わりとの声が出ても不思議ではない、と大和投信

日本銀行が導入した長短金利の操作を中心とする新たな金融緩和の枠組みー。黒田東彦総裁は緩和の持続可能性を高めるためとしているが、流動性の枯渇で活力を失いつつある国債市場をさらに無力化しかねない可能性もはらんでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。