アジア・太平洋株式サマリー:香港株が上昇-インドほぼ変わらず

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下の通り。

【中国・香港株式市況】

  21日の香港株式相場は上昇。中国本土の投資家による買いが続いている。原油価格上昇でエネルギー銘柄が高い。

  ハンセン指数は前日比0.6%高の23669.90と、9日以来の高値で終了。一時は0.4%安まで下げていた。上海と香港の証券取引所接続を通じた純流入額はこの日、39億元(約595億円)に達した。中国石油化工(SINOPEC、386 HK)は1カ月ぶりの大幅高。

  パートナーズ・キャピタル・インターナショナル(香港)の幹部、温天納(ロナルド・ワン)氏は「本土との証取接続を通じた買いが続いており、力強いモメンタムは恐らく今後も持続するだろう」と指摘。「米国の政策金利については据え置きが見込まれている」と述べた。

  中国本土株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は1%高。本土市場の上海総合指数は0.1%高で引けた。

(上海総合指数のグラフ:SHCOMP <Index> GP YTD)
(ハンセン指数のグラフ: HSI <INDEX> GPO)

【インド株式市況】

  21日のインド株式相場は一時の上げを解消し、ほぼ変わらずとなった。本日この後発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)による政策決定が注目されている。

  指標のS&P・BSEセンセックスは前日比0.1%安の28507.42で終了。日本銀行がこの日の政策決定会合で金融緩和の堅持を示唆したことを受け、0.6%高となる場面もあった。

  投資家らは米利上げの時期とそのペースの手掛かりを得るため、FOMCに注目している。先物動向によると、この日の利上げ確率はわずか22%。

(S&P・BSEセンセックスの動向: SENSEX <Index> GPO D)

【オーストラリア株式市況】

  S&P/ASX200指数は前日比0.7%高の5339.56。

(S&P/ASX200指数のグラフ: AS51 <INDEX> GP)

【韓国株式市況】

  韓国総合株価指数は前日比0.5%高の2035.99。

(韓国総合株価指数の日中価格グラフ: KOSPI <INDEX> GIP)

【台湾株式市況】

  台湾の加権指数は前日比0.7%高の9228.50。

(台湾加権指数のグラフ: TWSE <INDEX> GP D)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE