アジアのヘッジファンド:日本勢は低迷、シンガポール拠点が好調

  • シンガポールのファンド、1-7月のリターンはプラス2%
  • 日本拠点はマイナス2.5%、香港はマイナス2.3%-豪州プラス1.9%

シンガポールを本拠とするヘッジファンドが1-7月に他のアジア勢を上回る成績を残した。インドと世界市場により大きな軸足を置いたことが寄与した。ヘッジファンドのデータを提供するユーリカヘッジが20日発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。