米・日の10年物国債が下落-日銀は10年債利回り0%付近で維持目指す

更新日時

21日の債券市場で日本と米国の10年物国債価格が下落した。日本銀行は10年債の利回りが0%付近で推移するようコントロールすると発表し、マイナスに繰り返し落ち込む事態を日銀が阻止するとの観測が広がった。日銀の決定で世界的な長期金利低下の要因の一つが和らいだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。