欧州株が米国株の影響受ける中、米金融当局の決定を注視-チャート

  米国と欧州の株価は先週、反対の動きを示したが、米金融当局による政策金利決定を控え、ストックス欧州600指数とS&P500種株価指数の長期的な相関係数は4年ぶりの高水準近くにとどまっている。エコノミストとトレーダーは21日の米利上げ決定を織り込んではいないが、ドイツ銀行のアナリストらは最近のリポートで、世界の経済成長鈍化と米金利上昇により欧州と米国の株価が共に下落する可能性があるとの見方を示している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。