米連邦公開市場委員会の焦点、ドットにシフト-利上げ観測は後退

  • 金利据え置きに3人の地区連銀総裁が反対か
  • 12月利上げの可能性は16年末の金利予測の点が示唆へ

米連邦公開市場委員会(FOMC)による21日の政策決定を前に、投資家の間では期待外れの経済ニュースを受けて利上げ観測が後退しているものの、一部当局者は政策引き締めの必要性に言及しているため利上げは問題外とは言えない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。