ACミラン買収の中国投資家集団、交渉中に偽の銀行文書提出-関係者

  • 文書には江蘇銀の行名が記されているが、同行は文書発行を否定
  • 1通の文書は4月25日の130億円ほどの残高を示す-行名入り朱印も

イタリアの名門サッカークラブ、ACミランの買収で合意している中国の投資家集団が、初期の買収交渉時に偽の銀行文書を提出していた。この文書に名称が記載された中国の銀行への取材などで分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。