東証リートがマイナス圏、日銀決定で長期金利が上昇

  • 日銀は長短金利操作付き量的・質的金融緩和の導入を決定
  • 「金利の上昇バイアスを嫌気」とクレディ・スイス証の望月氏

日本銀行が21日の金融政策決定会合で新しい枠組みを決定したのを受け、東証REIT指数は一時マイナス圏になった。長期金利が上昇する中で、Jリート銘柄の売りが広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。