円が下落、日銀が長短金利操作付き緩和を導入-金利据え置きで乱高下

更新日時
  • 対ドルで101円03銭まで円高進行後、一時102円79銭と14日以来の安値
  • 追加緩和の要素少ない、103円超えていくのは難しい-三菱UFJ銀

21日の東京外国為替市場では円が下落した。日本銀行はこの日開いた金融政策決定会合で、新たな枠組みとなる長短金利操作付き量的・質的緩和の導入を決定。マイナス金利の深掘り見送りで一時円が買われる場面も見られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。