米KKR、台湾の銀行トップを中華圏責任者に起用-現職2人は退社へ

  • 中華開発金控の楊文鈞CEOを新たな責任者に起用
  • 楊氏には20年にわたる投資経験あるとKKR

プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社の米KKRは、台北に本社を置く投資銀行、中華開発金控の楊文鈞(ポール・ヤン)社長兼最高経営責任者(CEO)を来年1月から中華圏事業の責任者に起用することを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。