日銀:長短金利を操作目標に、国債購入は増減へ-物価2%超まで継続

更新日時
  • 政策金利はマイナス0.1%を維持、10年国債はゼロ%程度に誘導
  • 国債平均残存期間を撤廃-ETF2.7兆円はTOPIX連動型に

日本銀行は金融政策の新しい枠組みである「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の導入を21日開いた決定会合で決めた。短期政策金利のマイナス金利を維持すると同時に10年国債利回りを0%に誘導する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。