米フェデックス、17年通期見通しを上方修正-6~8月期は予想上回る

更新日時
  • 電子商取引の持続的成長が追い風、株価は時間外取引で上昇
  • 蘭TNTエクスプレスの統合は円滑に進展-スミスCEO

米貨物輸送会社フェデックスは2017年度通期の利益予想を上方修正した。電子商取引の持続的成長を追い風に6-8月(第1四半期)利益がアナリスト予想を上回った。同社は蘭TNTエクスプレスを買収することに伴う業績への影響を初めて示した。

  20日の発表資料によると、17年通期調整後1株利益は11.85ー12.35ドルとなる見通し。従来予想は11.75ー12.25ドルだった。この見通しではTNTエクスプレスの影響は除外されている。フェデックスは、TNTエクスプレスを含めた通期調整後利益を10.85ー11.35ドルと予想した。

  フレッド・スミス最高経営責任者(CEO)は発表文で、「TNTエクスプレスの統合は円滑に進んでおり、チームメンバーの取り組みは素晴らしい」と述べた。

  6ー8月期の調整後1株利益は2.90ドルに増加した。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均の2.79ドルをだった。売上高は147億ドル(約1兆5000億円)で、アナリスト予想は146億ドル。同社は予想を上回る業績となった要因として、フェデックス・エクスプレスでのコスト削減や輸送量の伸びなどを挙げた。

  株価は時間外取引で一時2.1%高の166ドルを付けた。

原題:FedEx Boosts 2017 Outlook After Topping Quarterly Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE