NY原油(20日):44ドル未満、OPEC公式会合開催の可能性が浮上

20日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物がほぼ変わらず。石油輸出国機構(OPEC)は来週アルジェで開く非公式協議を公式会合に格上げする可能性があると、アルジェリアのブテルファ・エネルギー鉱業相が明らかにした。一方、予定されていたコロニアル・パイプラインの操業再開が21日にずれ込んだため、ガソリンは下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。