NY爆発のラハミ容疑者、FBIのデータベースがマーク済み-関係者

ニューヨーク市マンハッタンとニュージャージー州で爆発物を仕掛けたとして、19日に逮捕されたアフマド・カーン・ラハミ容疑者(28)は、約2年前に家庭内で起きた事件で警察に通報され、米連邦捜査局(FBI)にマークされていた。警察当局者が明らかにした。

  ラハミ容疑者は2014年のこの事件で、不審な活動に関する通報をまとめたFBIのデータベース「ガーディアン」に記録された。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、このときはラハミ容疑者の父親が警察に息子はテロリストだと話したが、後にFBIからの聴取に際し発言内容を撤回した。

アフマド・カーン・ラハミ容疑者

Source: NJ State Police

  先週末の爆発の捜査が継続中だとして匿名を条件に述べた同当局者によると、FBIは2014年の時点で、それ以上踏み込めるだけの情報が揃っていないとして予備調査に乗り出さなかった。

  

原題:Suspected New York Bomber Said to Have Been Flagged to FBI (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE