米住宅着工件数:8月は5.8%減の年率114万戸、南部で落ち込む

  • 先行指標である住宅着工許可件数も予想外に減少
  • 住宅ローン金利や雇用増加は引き続き住宅を支える可能性が高い

8月の米住宅着工件数は市場の予想以上に減少した。南部での落ち込みが大きく、他地域の伸びで補えなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。