「ペイントレード」の恐れ、超長期オペすでに減額でフラット化逆戻りも

更新日時
  • 残存25年超の買い入れ額は年初の3分の2に減少
  • 超長期債の利回りは「また下がる」とパインブリッジ

「総括的検証」後は想定外のフラット(平たん)化リスクにご用心-。市場では、日本銀行が日本国債の利回り曲線の修正に向けて超長期債の買い入れ減額に踏み切るとの観測が高まっているが、購入額削減の影響は弱気派が想定するほど大きくはならないとの見方もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。