ゴールドマンがJPモルガンに勝利-ウォール街のETF戦争序盤

  • ゴールドマンのETFが資金集める、先発のJPモルガン抜く
  • 3兆ドル市場で2社は後発、バンガードなどに挑戦-長期戦の構え

金融業界の2大プレーヤーであるゴールドマン・サックス・グループとJPモルガン・チェースが、世界で3兆ドル(約305兆円)規模の上場投資信託(ETF)市場のリーダーの座をめぐって競い合っている。

  序盤戦はETF資産に1年で数十億ドルを呼び込んだゴールドマンが制した。だが競争はまだ始まったばかりで、JPモルガンが追いつく時間は十分にある。

  モーニングスター(シカゴ)のETF調査ディレクター、ベン・ジョンソン氏は「ゴールドマンはかなり大きくリードした」とし、「周到に準備し、機関投資家との間であらかじめ戦略をすり合わせていた。それが大きい」と話した。

ゴールドマン本社と歩行者

Photographer: Eric Thayer/Bloomberg

  ゴールドマンは1年前にクオンツ戦略のETFを開始してから24億ドルを集め、業界の30年の歴史で発売直後に最も成功した部類の商品になった。JPモルガンは2年前にETFの販売を開始。運用成績はゴールドマンの商品より良いが、流入した資金は8億ドル余りにとどまる。

  ゴールドマンとJPモルガンの資産運用部門はアクティブ運用主体だが、パッシブ投資のETF戦略に傾斜を始め、ブラックロックやステート・ストリート、バンガード・グループなど業界大手に挑みつつある。両社とも長期戦の構えだ。

  JPモルガンのETF事業責任者、ボブ・ドイチェ氏はインタビューで同事業の展望およびゴールドマンとの競争について「短距離走ではなくてマラソンだ。長い時間をかけて当行にとって大きな事業になっていくと考えている」と語った。

   ゴールドマンでチームを率いるマイケル・クリニエリ氏も、ETF事業での競争は始まったばかりで「公平な比較ができるほどの時間がまだたっていない」と話した。

原題:Goldman Romps Past JPMorgan in Wall Street Battle of ETF Newbies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE