日銀会合注目点:総括検証と同時に追加緩和か、見送りなら円高株安も

  • エコノミスト調査で5割超が緩和を予想-マイナス金利拡大を有力視
  • 「最近では最も重要な金融政策決定会合」-みずほ銀・唐鎌氏

日本銀行は21日の金融政策決定会合で政策運営方針を決定する。市場は今後の政策運営を方向付ける総括的な検証の結果を固唾(かたず)を飲んで見守っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。