長期金利が一時プラス圏に上昇、日銀の新枠組み決定で売り優勢

更新日時
  • 先物は44銭安の151円49銭で終了、長期金利0.005%まで上昇
  • 長期金利ゼロ%にコミットしている以上、大きく動かない-農中総研

債券相場は下落。長期金利は一時、半年ぶりにプラス圏に上昇した。日本銀行がこの日の金融政策決定会合で、長期金利がゼロ%程度で推移するように国債買い入れを実施する新たな金融政策の枠組みを決めたことで売りが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。