ドイツ銀にマーシャル・ウェイスが154億円の空売り-全体は縮小傾向

  • ドイツ銀株のショートポジションは7月のピークから縮小傾向にある
  • 米当局の調査決着のための支払いで資本調達が必要になるとの懸念も

英ヘッジファンド運営会社マーシャル・ウェイスは、ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行の株価下落に賭ける投資ポジションを増やした。他の投資家は逆に約3カ月ぶりの水準までショートポジションを縮小している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。