タカタ株4カ月ぶり下落率-出資者候補から法的整理も選択肢に浮上

エアバッグの大規模リコール問題を抱えるタカタの株価が約4カ月ぶりの下落率となった。出資者(スポンサー)候補を絞り込んで経営再建を目指していく方針だが、法的整理も選択肢として浮上している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。