自動運転車に15項目の基準設定、米運輸省が指針公表へ

  • 指針は20日に正式発表、柔軟性のある措置を求める業界の要請を反映
  • メーカーは自動運転性能や事故の場合に想定される事態など示す必要

オバマ米政権が20日正式発表する自動運転車に関する指針案には、公道走行前にメーカーが満たす必要のある15の基準が含まれている。

  米運輸省のプレビューによると、メーカーは仮想ドライバーの性能や故障した場合に想定される事態、試験方法などを示す必要がある。また、規制当局や他社が評価できるよう車両性能評価も公表しなければならない。

  テスラモーターズやゼネラル・モーターズ(GM)、グーグルの親会社アルファベットなど自動運転車開発に投資している企業は、複数の州が相反する法律を成立させないよう連邦政府がリーダーシップを発揮する必要性も唱えている。同時に、技術革新の目をつぶさないよう規制当局に指針策定で軽めの関与を求めている。

原題:Self-Driving Cars Must Meet 15 Benchmarks in U.S. Guidance (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE