ドル・円は101円後半、日米金融政策決定控え上値重い-政策見通し焦点

更新日時
  • 19日の海外市場で一時101円58銭、4営業日ぶりドル安・円高水準
  • テクニカル的にも材料的にも下押しの準備整えている感じ-みずほ証

連休明け20日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=101円台後半で推移。日米で金融政策決定会合が同日開催となる中、警戒感から上値は限定的となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。