中国不動産バブルのリスク高まる-「問題はいつ破裂するか」との声も

  • 8月の新築住宅価格は約6年ぶりの大きな上昇
  • 当局の値上がり抑制策、ほとんど効果見られず

中国当局は主要都市の住宅価格上昇の勢いを抑制しようと試みているが、成果が上がっている兆候はほとんど見られず、国内経済を不安定化させる恐れのある住宅バブル懸念が強まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。