金相場は身動き取れず、9月利上げの可能性で神経質な展開-チャート

  今年の金相場上昇が衰える兆しを見せている。資産運用会社コーエン・アンド・スティアーズ・キャピタル・マネジメントは金への資産配分を減らしており、米金融当局が今週、予想外に利上げを実施すれば金相場が下落する可能性があるとの見方から、ヘッジファンドによる金の先物とオプションの買越残高は5月以降で最大の落ち込みを示した。金相場は先週の下落で7-9月(第3四半期)の上昇分を消し、米経済指標が低調だったにもかかわらず値上がりしなかった。

原題:Gold Goes Nowhere as September Rate Risk Causes Jitters: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE