日本株首位の英ヘッジファンド、地銀株売り-マイナス金利継続予想

更新日時

日本の地方銀行に着目して、昨年12月の運用開始以来、地銀株を売り持ち(ショート)にしてきた英国のヘッジファンドがある。人口減少とマイナス金利政策で収益が一段と悪化していくとみているためだ。日本銀行は21日の金融政策決定会合で、長短金利の操作を行う「イールド・カーブ・コントロール」の導入を決め、必要に応じて引き下げる方針を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。